石川 おみやげ

1 YUKIZURI ル ミュゼ ドゥ アッシュ

石川県を代表する「兼六園の雪吊り」パティシエ

辻口博啓さんがこの雪吊りをイメージし、前田家の梅鉢紋から能登の梅をはじめ、地元の食材をふんだんに使い

フランス伝統菓子のサクリスタンをヒントに焼き上げたお菓子

 

2  ふくさ餅 村上

 

日持ちがよくおみやげにはもってこいの一品。
どら焼きのような生地を裏返して使用し、柔らかい舌触りが
特徴的な皮にもっちりでなめらかな中身がたまらない

3 とり野菜みそ

 

大豆と米麹から作る石川県の家庭味噌を基本に
香辛料などを混ぜ合わせた調味味噌
石川県民が本気でオススメするローカルフード

4 しおサイダー

 

海の恵みが凝縮された、能登の海塩水を使ったしおサイダー
ほどよいしょっぱさと甘味が抜群
お酒と割って飲むのが大人な楽しみ方として人気

5 ごはん茶碗 KUTANI SEAL 

 

KUTANI SEALとは、2009年に九谷焼窯元・上出長右衛門窯と
日本のものづくりをプロデュースする丸若屋が立ち上げた
ワークショップブランド。スタイリッシュなデザインが人気

 

 

 

6 あんず餅 高木屋 

 

蜜漬けにした丸ごとのあんずを白餡と

やわらかい羽二重餅で包込んだ和菓子
キンキンに冷やして食べるのが一番美味しい

7 宝の麩 不室屋 

 

お椀に入れ熱湯をそそぐだけで本格的なお吸いものが味わえる
ふやきに込めた金沢の四季がお椀の中で広がります

8 珠洲

 

流下式塩田法により海水を濃縮し

それを炊きあげて仕上げた海水を百パーセントの純粋な塩

能登みやげならコレですよ

9 加賀棒茶 丸八製茶場 

 

加賀地方で古くから親しまれてきた茎部分のほうじ茶。
中でも丸八製茶場の加賀棒茶は
昭和天皇のために試行錯誤して作られた特別なお茶とのこと

10 加賀八幡起上もなか

愛らしい包み紙が特徴の金沢うら田の『加賀八幡起上もなか』
この最中は金沢で赤ちゃんが誕生した時に贈ると言われている
郷土人形がモチーフになっている